蜂の子で白髪を予防・改善

白髪が生まれるメカニズム

髪の毛のメカニズム上、白髪になるということは特別不思議なことではありません。
なぜなら、髪の毛というのは元々白いものだからです。
私たち日本人は多くの方が「髪の毛は黒いもの」という共通認識があると思います。
しかし実はそうではなく、髪の色は元々白く、そこに色素細胞が加わることで髪の毛は黒くなっているのです。
髪の毛の色素細胞を「メラノサイト」といいます。
髪の毛が白くなっていき白髪が増えてしまう理由は、色素細胞であるメラノサイトが減少したり、メラノサイトが活発に働くために必要な「チロシナーゼ」という酵素が衰えることにあるのです。
これが、白髪が生まれるメカニズムです。

誰しも年齢によってチロシナーゼの働きが鈍くなりますので、加齢によって白髪が増えてしまうことは自然なことです。
加齢以外で白髪を引き起こす要因は3つあります。
それが以下の3つです。

食習慣の乱れ

色素細胞であるメラノサイトをつくるにはチロシナーゼを活性化することが大切なのですが、栄養バランスが偏っていたり食品添加物ばかりの食品を摂っていると、必要な栄養素が頭皮に行き渡らなくなり、メラノサイトやチロシナーゼを作りにくくなります。

血流障害

体内の血流が悪くなると頭皮の血行も悪くなります。
頭皮の血行が悪くなると栄養や酸素が十分に行き渡らなくなりますので、メラノサイトの生成が滞るだけでなく、抜け毛や薄毛を引き起こしやすくします。

ストレス

ストレスは血行不良、睡眠障害、ホルモンバランスの乱れなど、様々な不調を引き起こします。ストレスによって起こる様々な不調は、頭皮にとっても悪いことばかりですので、白髪を引き起こすだけでなく悪化させる要因となります。
また、髪の毛は細胞分裂を繰り返すことで成長しますので、白髪を予防して元気な髪の毛をつくるためには「成長ホルモン」が欠かせません。
成長ホルモンは22時~2時の間に最も活発に分泌されますので、成長ホルモンの分泌を促すためにはこの間の質の良い睡眠が欠かせません。
しかし、ストレスが強くなると自律神経のバランスが崩れますので、質のよい睡眠がとりにくくなります。
結果、成長ホルモンの分泌が低下して、髪の毛の再生・修復が滞ってしまい、白髪を引き起こしてしまうのです。

蜂の子で白髪を予防・改善

蜂の子が白髪の予防・改善に効果的だといわれている理由は、蜂の子に含まれている栄養素が白髪になる3つの要因を予防・改善するからです。
では、どんな栄養成分がどのように白髪の予防・改善に働くのでしょうか。

色素細胞をつくる

髪の色素細胞であるメラノサイトが活発に働くためにはチロシナーゼという酵素が必要です。
チロシナーゼはアミノ酸の「チロシン」が変化した酵素ですので、チロシンが含まれる蜂の子を積極的に摂ることで色素細胞の生成を促します。
また、蜂の子に含まれる銅にはチロシナーゼの働きを活発にする作用があります。
さらに、髪の毛の主成分であるケラチンはアミノ酸が原料となりますので、アミノ酸が豊富に含まれる蜂の子を摂ることで健やかな髪の毛をつくります。

血行不良を改善

血液は栄養や酸素を全身に運ぶだけでなく、老廃物や疲労物質を回収して排出する作用がありますので、血行不良が起きると頭皮を始めとした体のあらゆる組織に栄養と酸素が行き渡らなくなるだけでなく、老廃物や疲労物質が溜まりやすくなり、細胞の再生や修復を邪魔します。
蜂の子には、糖質の代謝を助けて血液の流れを良くするビタミンB1、血管を拡張して血液の流れを促進するアルギニン、血中のヘモグロビンの材料である鉄などが含まれていますので血液の流れを促して血行不良を改善へと導き、頭皮環境を正常に保ちます。

ストレスを緩和

蜂の子には、神経の興奮やイライラを抑えるカルシウム、脳の神経伝達物質の材料となる亜鉛、血行不良を改善して冷えを予防するビタミンB1、アルギニン、鉄、質の良い睡眠へと導くメラトニンを作るセロトニンの材料となるトリプトファンなど、自律神経を整えてストレスを和らげる栄養素がいくつも含まれています。
ストレスを緩和することで、血行不良、睡眠障害、ホルモンバランスの乱れなど、ストレスによる様々な不調を予防します。
また、アルギニンに関しては髪の毛の細胞分裂を促す成長ホルモンを促す働きも持っています。

このように、蜂の子には白髪を引き起こす大きな要因3つを予防・改善する栄養素がいくつも含まれていますので、白髪に悩んでいる方はぜひ蜂の子のパワーを試してみてくださいね。