蜂の子で薄毛を予防・改善

薄毛が起こるメカニズム

髪の毛に限らず、人の体に生えているすべての体毛は伸び続けるわけではありません。
全ての毛根において、毛は成長しては抜け落ちることを繰り返しています。
この周期を「ヘアサイクル」と呼びます。
ヘアサイクルは「成長期」、「移行期」、「休止期」と大きく3つの期間に分けられます。

成長期

毛が生え始めて成長が止まるまでの期間。

移行期

毛が生え始めている成長期から毛が抜け落ちる休止期に移行するまでの期間。

休止期

毛が抜け落ちる期間。

個人差はあるものの一般的に成長期はおよそ2~6年、移行期は半月~1ヶ月、休止期は3~5ヶ月といわれています。
ヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなったり、反対に移行期や休止期が短くなってしまいます。すると、髪の毛がしっかりと生えてくる前に髪の毛の成長が止まって抜け落ちてしまいます。
このヘアサイクルの乱れにより、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

薄毛は遺伝も大きな要因なのですが、薄毛を悪化させたり引き起こしたりする要因のほとんどは生活習慣の中に潜んでいます。
薄毛を招くヘアサイクルの乱れを引き起こす要因は主に3つです。
それが、食習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスの蓄積です。
蜂の子が薄毛の改善に良いといわれている理由は、ヘアサイクルの乱れを引き起こす3つの要因を予防・改善へと促す栄養素が含まれているからです。
では、蜂の子のどんな栄養素がどのようにヘアサイクルの乱れを整えるのでしょうか?

蜂の子で薄毛を予防・改善

食習慣の乱れを改善

ヘアサイクルと食生活は密接に関係しています。
例えば、食事をする時間が毎日異なったり、栄養素が偏った食事をすると、髪の毛が生えて来る毛母細胞に十分な栄養が行き届かなくなり、ヘアサイクルが乱れやすくなります。
蜂の子には、アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素がバランスよく含まれていますので、食習慣の乱れをサポートします。
また、髪の主成分である「ケラチン」はタンパク質が主成分ですので、不足すると毛が細くなったりコシがなくなったりします。 蜂の子にはケラチンをつくるロイシン、リジン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、メチオニン、フェニルアラニンの、7種類の体内では合成することのできない必須アミノ酸が全て含まれていますので、ケラチンの合成を促します。
さらに蜂の子には、細胞の代謝を促したり摂取したタンパク質の吸収を高めたりするビタミンB群、元気な髪の毛をつくるために必要なコラーゲンやタンパク質の構成を促すビタミンC、細胞の代謝を活発にしたり抜け毛の原因物質「5aリダクターゼ」を抑制する働きがある亜鉛、血行を良くして毛根に栄養を届ける鉄分、神経細胞の働きを助けることで抜け毛を予防するカルシウムなど、薄毛や抜け毛に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

ホルモンバランスの乱れを予防・改善

ホルモンバランスの乱れもヘアサイクルを乱し、薄毛や抜け毛を引きおこす要因になります。
ホルモンバランスを整えるためには正しい食習慣が大切ですので、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれた蜂の子はぴったりです。
また、ホルモンバランスを乱す大きな要因に自律神経の乱れがあります。
というのも、ホルモンバランスをコントロールしている場所と自律神経をコントロールしている場所は同じ脳の視床下部ですので、自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れやすくなるのです。
ですから、ホルモンバランスの乱れを整えるためには自律神経を整えることも有効なのです。
蜂の子には、心を落ち着かせるセロトニンの材料となるトリプトファンが含まれているだけでなく、神経の興奮やイライラを抑えるマグネシウムやカルシウム、神経伝達物質の材料となる亜鉛など、ストレスなどによって乱れる自律神経を整える作用を持つ栄養素が含まれています。

ストレスを緩和

上記でも説明したように、自律神経の乱れはヘアサイクルの乱れを引き起こします。
自律神経が乱れる大きな要因はストレスにありますので、ストレスを緩和することも薄毛の予防・改善に繋がります。
心身のストレスを和らげるために大切なことは休息です。
心と体は繋がっていますので、体を休めることで心も休まります。
ストレスに最も効果的な休息が「睡眠」です。
睡眠には、体を休めることで脳を休ませ、ストレスやうつ症状を軽減する作用があります。
質の良い睡眠をとるためには、睡眠ホルモンとも呼ばれている「メラトニン」の分泌を促すことが大切です。
メラトニンは交感神経を優位に保つことで心を落ち着かせたり、眠気を促したり、呼吸や血圧を落ち着かせたりと、ぐっすりと深い眠りをするために必要な要素をいくつも持っています。
質の良い睡眠に欠かすことのできないメラトニンの原料となるのはセロトニンです。そして、そのセロトニンをつくるのは体内ではつくることのできない必須アミノ酸であるトリプトファンです。
蜂の子にはトリプトファンが含まれていますので、セロトニンを生成することで、間接的にメラトニンの分泌を促します。

このように、蜂の子には薄毛を招くヘアサイクルの乱れを引き起こす食習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスの蓄積を予防・改善する働きがあります。
ヘアサイクルの乱れが整い、髪の毛の成長や生え変わりが正常に戻ることで、薄毛を予防・改善へと導きます。
薄毛には個人差があり、それぞれの原因は異なるものの、メカニズムは同じですので、薄毛に悩まされている方は乱れたヘアサイクルを正常化へと促す蜂の子がおすすめですよ。

[出典]
薄毛のお悩みは蜂の子で解決
http://www.floridalinuxshow.com/article31.html
育毛は蜂の子と頭皮マッサージをしよう
http://www.acucouncil.org/05.html