蜂の子で不眠を改善

不眠の症状と原因

不眠症というほどでもないけど、「最近よく眠れない…」、「朝スッキリ起きられない…」という方は多いのではないでしょうか?
その症状、もしかしたら自分が不眠症だと思っていないだけですでに不眠症になっている可能性があります。
というのも、不眠症はただ眠れない状態のことだけをさす症状ではありません。
不眠といっても大きく4つの症状に分けられます。それが以下の4つです。

不眠の代表的な症状

入眠障害

寝付くまでに時間がかかってしまう状態を入眠障害といいます。
お布団に入ってから眠りに就くまでの時間には個人差がありますが、一般的に入眠するまでにかかる時間はおよそ30分以内と言われていますのでそれ以上かかると入眠障害の可能性があります。
ちなみに、日本睡眠学会では「寝つくまでの時間が普段より2時間以上かかる状態」を入眠障害の定義としています。

中途覚醒

眠りに就いたのに途中で目が覚めてしまってなかなか寝付けない状態を中途覚醒といいます。
騒音、温度、湿度など環境的な要因による一時的な中途覚醒なら問題はないのですが、そうではないのに何度も目が覚めてしまう場合不眠症の症状といわれています。

早期覚醒

起床時刻よりも早く目が覚めてしまう状態を早期覚醒といいます。
睡眠時間や起床時刻は人それぞれですので早期といっても具体的な目安時間はありませんが、以前と比べて目が覚める時間が早くなったり、自分が起きようと予定していた時刻よりも1~2時間早く目覚めてしまう状態が続く場合を早期覚醒といいます。

熟眠障害

睡眠時間は以前と変わらないのにぐっすり眠った気がしない、または疲れがとれていないと感じる状態を熟眠障害といいます。
睡眠に大切なのは「時間」よりも「質」です。
どれだけ睡眠時間を確保できたとしても、質の良い睡眠でなければ意味がありません。
短時間であっても質の良い睡眠がとれていれば、体がスッキリしたり疲れが回復していたりするように感じます。

以上のように不眠症には4つのタイプがあります。
そして、これらの不眠症を引き起こす要因は大きくわけて5つあります。
それが以下の5つです。

不眠症を引き起こす要因

身体的要因

痛みやかゆみ、喘息やアレルギーなど身体に何らかの不具合が生じていることで、眠りに就けなかったり眠りが浅くなってしまうことが不眠の要因です。

生理学的要因

不規則な睡眠時間や生活習慣によって体内時計が狂い、眠りたい時間に眠れなくなってしまうことが不眠の要因です。

心理的要因

極度の緊張や不安、精神的なストレスなどによって交感神経が優位になり、頭が冴えてしまうことが不眠の要因です。

精神医学的要因

うつ病や自律神経失調症などの精神障害によって興奮状態が続き、脳が覚醒してしまうことが不眠の要因です。

薬理学的要因

アルコールやカフェイン、または何らかの薬の副作用などの影響が不眠の要因です。

このように不眠症を引き起こす要因は様々ですが、不眠症を改善し、質の良い眠りにつくために共通して大切なことは自律神経を整えることです。
蜂の子が不眠の改善に効果的な理由はここにあります。
次からは蜂の子が不眠の改善に効果的な理由を詳しくご説明します。

蜂の子が不眠改善に効果的な理由

眠りに就いて心身の疲労を回復するためには自律神経の副交感神経(リラックス・休息モード)が優位に働かなければなりません。
しかし、あらゆる要因によって自律神経が乱れてしまうと、眠りにつかなければならない夜でも交感神経が優位に働いてしまい、交感神経に切り替わりません
蜂の子には神経の興奮を抑えるマグネシウム、神経伝達物質の材料となる亜鉛、疲労回復を促す鉄分など、自律神経を整えて過敏になった心を安定させるミネラルが豊富に含まれています。
蜂の子には豊富なミネラルだけでなく、アミノ酸やビタミンなど心身の疲労回復を促す栄養も含まれていますので、自律神経を整えて質の良い睡眠を促すだけでなく、心身の回復も助けます。

自律神経が整うことは、うつ病や自律神経失調症の予防・改善にも効果的です。
また、うつ病や自律神経失調症が生じる原因の一つに、神経伝達物質のセロトニンの分泌量が減少することがありますので、うつ病や自律神経失調症を予防・改善するためにはセロトニンの分泌を高めることが大切だといわれています。
蜂の子にはセロトニンの材料となるアミノ酸「トリプトファン」が含まれていますので、長期的に摂ることでセロトニンの分泌を促し、うつ病や自律神経失調症の予防・改善をサポートします。

蜂の子が不眠に効果的な理由は乱れた自律神経を整えるからだけではありません。
蜂の子には豊富なアミノ酸とタンパク質が含まれています。
アミノ酸とタンパク質は筋肉の材料となる栄養です。
筋肉は代謝を維持して血行を促す働きを持っています。
人の体温は昼間に上がり夜は下がる仕組みになっていることで入眠しやすく、質の良い睡眠がとれます
しかし代謝が低下して血行不良が生じ、体が冷えると、夜になっても体の熱を上手く逃がすことができず、入眠まで時間がかかってしまい質のよい睡眠がとれなくなります。
蜂の子でタンパク質を摂って筋肉量を維持・向上することで基礎代謝を高め、血行を促すことは、体の冷えを改善へと導き、結果的にスムーズな入眠と質の良い睡眠を促します。

不眠には様々な要因と症状がありますが、どの不眠の種類でも蜂の子がもたらす作用は効果的ですので、どの不眠に悩まされている方でも蜂の子はおすすめなのです。
また、不眠は生活習慣が大きく影響していますので、蜂の子だけに頼るのではなく食習慣と一緒に生活習慣を見直すことも大切です。

[出典]
蜂の子でセロトニン分泌を促進
http://tinnitustreatmentguide.org/01.html
蜂の子で不眠を解消
http://www.schroonlake.org/08.html
蜂の子に含まれている睡眠ホルモン
http://www.belarus-online.com/david/prices.html