蜂の子で疲労回復

疲労の原因

疲労は、身体もしくは心に受ける外的刺激(ストレス)が続くことによって本来持つ心身の機能が低下することです。
疲労といえば体の疲れが思い浮かびますが、疲労も3つの種類に分けられます。
それが以下の3つです。

肉体的疲労

肉体的疲労は、気温や気圧、長時間の活動、睡眠不足、運動不足、不規則な食生活などによって生じる肉体の疲労です。

精神的疲労

精神的疲労は、仕事や私生活での人間関係のトラブルから結婚や離婚、引越しなど環境が変化することによって生じる心の疲労です。

神経的疲労

神経的疲労は、PCやスマホ操作、長時間のデスクワークなどによって生じる脳の疲労です。

これまで、心身に感じる疲労感や倦怠感の直接的な原因は「乳酸」といわれてきましたが、近年の研究によって本当の疲労物質は「ファティーグ・ファクター」、通称「FF」というタンパク質であることが判りました。
そして現段階で、このFFを生成する要因が活性酸素ではないかと考えられているのです。
本来、免疫や解毒作用を持つ活性酸素は身体を守る物質なのですが、体内で過剰に発生してしまうと健康な細胞を酸化させる有害物質となります。
細胞が酸化することで老化スピードが進行することから、FFの生成の要因が活性酸素だと考えられていますが、その理由は他にもあります。
活性酸素が発生する場所は主に筋肉や自律神経ですので、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労など、疲労が生じる場所全てに影響を及ぼしているからです。

疲労物質であるFFが生成される原因が活性酸素だとすれば、疲労を回復し疲労の蓄積を予防するためには活性酸素の発生を抑えることが重要となります。
活性酸素が増加する原因には、喫煙、飲酒、負荷の大きい運動、紫外線などがありますが、誰にでも身近なものに「ストレス」があります。
ストレスを受けると、体内はストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンを分泌します。
この副腎皮質発ホルモンを分泌し分解する過程で生まれるのが活性酸素です。
慢性的なストレスは、活性酸素を除去してくれるビタミンCを大量消費しますので、ストレスが続くと活性酸素に対抗する力も低下します。
さらに、慢性的なストレスによって自律神経が乱れ、筋肉の緊張が続くと、血管が収縮します。
血管が収縮したことにより体は一時的に血流が悪化します。
そしてその後、血液がいつものように流れ始めると、血液はいつも以上に勢いよく流れ出します。
このときに活性酸素も大量に発生するのです。
活性酸素の増加を防ぐためには、紫外線を予防し、喫煙や飲酒、負荷の大きい運動を控えるだけでなく、ストレスを予防し緩和することが大切なのです。

蜂の子で疲労回復!

上記でも述べたように、疲労を回復し、予防するためには、FF生成の原因と考えられている活性酸素の増加を防ぐ必要があります。
活性酸素を防ぐためには生活習慣を見直すだけでなく、食べるものから抗酸化作用を持つ栄養素を摂ることが大切です。
蜂の子が疲労回復に効果的だと言われている理由は、ビタミンCや亜鉛といった抗酸化作用を持つ栄養素が含まれていることがあります。
抗酸化作用を持つ栄養素は活性酸素の増加を抑える働きがありますので、疲労の回復に効果的です。

さらに、蜂の子には必須アミノ酸と非必須アミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸はタンパク質の材料となりますので、積極的に摂ることで筋肉の損傷を治し、疲労回復へと促します。
また、蜂の子に含まれるアミノ酸はタンパク質の材料となるだけでなく単体でも疲労回復、体力アップをサポートします。
例えば、ヒスチジンは組織の成長と修復を助け、トリプトファンは精神安定物質セロトニンの原料となり、アルギニンは筋肉の成長を助け、体内の窒素代謝やエネルギー代謝を促し、アスパラギン酸は肝機能を助けて疲労を回復し、グルタミン酸は脳の代謝を促して精神を安定させたりと、肉体、精神、神経の疲れを回復する作用をいくつも持っています。

また、蜂の子に含まれるアルギニンは免疫細胞のマクロファージを活性化する働きを持っています。
マクロファージは白血球の一種で、侵入してきた細菌やウイルスを食べてくれるので、マクロファージの働きが活性化することによって、細菌やウイルス感染を防ぎます。
こうしてアルギニンの働きによって免疫力を高めることによって、疲労回復をサポートします。
ほかにも、蜂の子に含まれるビタミンB1は糖質の代謝にも関わっていますので、疲労回復にも役立ちます。
さらに蜂の子には、神経の興奮やイライラを抑えるマグネシウム、精神を安定させるカルシウム、疲労回復を促す鉄分などが含まれていますので、ストレスを緩和し、ストレスによって生じる自律神経の乱れを整えるように作用します。
自律神経の乱れは疲労を悪化させる不眠を導きますが、自律神経が整うことで不眠を予防できます。さらに蜂の子には質の良い睡眠へと促すメラトニンを作るセロトニンの材料となるトリプトファンも含まれていますので、不眠の解消にも効果的です。

蜂の子には、肉体的疲労は、精神的疲労は、神経的疲労の全ての回復に効果的な作用を持っていますので、疲労が蓄積している方はもちろん、疲れやすい方、いつも元気でいたい方は蜂の子の摂取がおすすめですよ。

[出典]
蜂の子で疲労回復
http://wanpack.main.jp/post05.html
蜂の子のアミノ酸に期待!
http://s.noob.jp/02.html