蜂の子で免疫力を高める

蜂の子は免疫力を高める!

私たちが「免疫力」と呼んでいるのは、体の中でウイルスや細菌などの病原体と戦ってくれるリンパ球(B細胞、T 細胞、NK細胞など)やマクロファージといった免疫細胞といった抗体が持つ力です。
つまり、免疫力を高めるということは、これらの抗体の働きを活発にすることなのです。

蜂の子が免疫力を高めるといわれている理由は、免疫細胞や筋肉の材料になるアミノ酸とタンパク質が豊富に含まれているからです。
さらに、蜂の子には白血球の働きを高めるビタミンC、体力の回復を助けるビタミンB群も含まれています。
ほかにも蜂の子は強い抗菌作用を持っているだけでなく、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、カルシウムといった血行を良くする栄養成分がいくつも含まれています。
人間の体は体温が1度下がっただけで約30%も免疫力が低下するといわれていますので、血行を促して体温を維持することで免疫力の低下を防ぎます。

このように、蜂の子には免疫力を高めるだけでなく免疫力の低下を予防する栄養素が含まれています。
では、蜂の子を摂って免疫力が高くなるとどんなメリットがあるのでしょうか?

免疫力を高めるメリット

風邪、インフルエンザの予防

免疫力が低下すると、細菌やウイルスなどに対する抵抗力が弱くなりますので、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。
また免疫力が低下すると病気にかかりやすいだけでなく、治りにくくなりますので、一度細菌やウイルスに感染すると症状が長引きます。
免疫力が高くなると風邪やインフルエンザを予防するだけでなく、感染しても治りやすくなります。

アレルギー性疾患を予防

免疫力が低下すると、アレルゲンを体外に排泄しづらくなりますので、花粉症やアトピー、アレルギー性鼻炎などを発症しやすくなります。
免疫力が高くなると、アレルゲンの排泄がスムーズになりますので、アレルギー性疾患の予防にも繋がります。

口内炎の予防

日本人の多くが発症する口内炎の多くは「アフタ性口内炎」です。
アフタ性口内炎は過労やストレスによって免疫力が低下することによって起こります。
免疫力を高めることで口内炎を予防するだけでなく、発症しても治りやすくします。

肌荒れの予防・改善

免疫は病気などを予防するものと思われがちですが、実は人の肌の状態も左右します。
免疫力が下がると肌のバリア機能も低下しやすくなりますので、乾燥肌や敏感肌になりやすく、肌荒れや吹き出物を引き起こすリスクを高めます。
免疫力が高まると肌のバリア機能も正常になりますので、乾燥肌、敏感肌、肌荒れなどの肌の不調を予防し改善へと促します。

美肌、美白、アンチエイジング

美肌を目指す上で大切なことが肌のターンオーバーを正常に保つことです。
生活環境の乱れや加齢などによってターンオーバーは乱れがちになります。
ターンオーバーが乱れ、周期が滞ると、肌の再生や修復に時間がかかったり、メラニンを含んだ細胞の生まれ変わりが遅れることでシミが表面化してしまったりします。
免疫力を高めるとターンオーバーの正常化をサポートするだけでなく、「ランゲルハンス細胞」の働きも活発にします。
ランゲルハンス細胞とは、毛穴などから侵入してきた細菌やウイルスが体内に入り込むのを防ぐように指令を出す肌の免疫機能を担っている細胞です。
ランゲルハンス細胞はウイルスや細菌だけでなく、シミの原因となるメラノサイトの過剰反応を抑制することで、シミやそばかすなどを予防する働きもあります。
免疫力を高めると、美肌、美白をサポートしますので、肌のアンチエイジングにも効果的です。

疲労を蓄積させない

慢性疲労の原因に栄養不足とストレスによって免疫力が低下することがあります。
栄養バランスが悪かったり栄養不足が起きると体のエネルギー生成が滞ってしまい、疲労の回復が遅れて蓄積しやすくなります。
慢性疲労によって体力が著しく低下すると免疫力も低下して、体調を崩しやすくなります。
免疫力を高めることで疲労の蓄積を防ぎ、疲労回復をスムーズにします。
蜂の子にはアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった栄養素がバランスよく含まれていますので栄養補給にもぴったりです。

ガンの予防

誰の体にもガン細胞は生まれるのですが、免疫がしっかりと働いている人は生まれたガン細胞を撃退する力があります。
しかし、免疫力が低下するとガン細胞を撃退する免疫の力が落ちてしまい、ガン細胞を撃退する前に次のがん細胞が生まれてしまい、ガン細胞が増えていきます。
ガン細胞が増殖するとガンを発症します。
免疫力が高いと免疫がしっかりとガン細胞を攻撃してくれますので、ガン細胞の増殖を防ぎ、ガンの発症を予防します。

妊娠力のUP、流産の予防

体温が下がると免疫力は低下すると述べましたが、これは逆のこともいえます。
免疫力が低下すると体温も下がる傾向があるのです。
体が冷えると卵巣も冷えますので、健康な卵子が作られなくなる恐れもあります。
妊娠力を高めるためには、免疫力の低下を防いで、体を冷やさないようにすることが大切なのです。
また、赤ちゃんが無事に生まれてくるためにも免疫は大切な役割を担っています。
免疫は、胎児を出産まで守ってくれる働きもありますので、免疫力を維持することは流産を防ぐことにも繋がるのです。

今回ご紹介したものだけでなく、免疫力を高めることで得られるメリットはたくさんあります。
免疫力の低下を感じている方はもちろん、免疫力を高めたい方は、蜂の子を摂ってみてはいかがでしょうか?

[出典]
蜂の子と免疫の関係
http://www.delosmus.com/item/de30/de3058.html